フッ素繊維

トヨフロン®

製品概要・物性

素材形態
  • 原糸
  • 原綿
  • 織物
  • 編物
特性
  • 離型性
  • 低摩擦性(摺動性)
  • 耐薬品性
  • 耐摩耗性
  • 耐熱性

低摩擦性に優れるフッ素樹脂を東レ独自の製糸技術により繊維化

トヨフロン®は、合成繊維の中で最高レベルの摺動性・耐熱性・耐薬品性・離型性を備えたPTFE繊維です。当社独自の製法により、バラツキの無い均一な繊度を有する丸断面のPTFE繊維を実現しました。東レはお客様の様々なニーズに対応するため、繊維だけでなく織物や編物、フェルトなどの多様な商品形態でご提案することができます。トヨフロン®の低摩擦性は、ベアリングをはじめとする様々な摺動部品のオイルレス化やメンテナンスフリーに役立っています。

特性

よくすべる

  • 有機繊維の中で、最高レベルの滑り特性を持っています。
  • 繊維化することで、コールドフローに対する抵抗性が大きくなる結果、高荷重下での摺動が可能になります。
PTFE繊維 PTFE樹脂
荷重限界 (Mpa) 411.9 13.7
摩擦係数 0.01 0.02
  • ※コールドフローをおこさない荷重限界

熱や薬品に強い

融点は327℃であり、酸・アルカリなどの薬品にも耐えます。

くっつきにくい

フライパンにも使われるフッ素樹脂(PTFE樹脂)を繊維化しているため、離形性に優れています。

繊維としての強み

  • 原綿、糸といった原料はもちろん、織編物、フェルト等の高次加工品での提供も可能です。
  • 当社技術によって他の繊維と複合することでさらなる高機能化が可能となります。

物性データ

一般物性

PPS PTFE Mアラミド PET
比重 (g/cm3) 1.34 2.3 1.38 1.38
引張強度(cN/dtex) 3.0-5.0 1.9 4.0-4.9 4.2-5.7
引張伸度 (%) 30-60 24 25-35 20-50
融点・分解温度 (℃) 285 327 400-430 255-260
常用使用温度 (℃) 190 260 210-230 80-120
耐酸性 ×
耐アルカリ性 ×
耐有機薬品性 ×
難燃性 (LOI) 34 65 30 20-21
耐蒸熱性 × ×
  • 出典:繊維便覧、産業用繊維材料ハンドブック、産業用繊維資材ハンドブック、エンジニアリングプラスチックス、社内評価結果

このページで紹介している物性や用途は一例です。お客様のご要望に合わせて、様々な品種でご提案いたします。是非お問い合わせください。