ポリオレフィン発泡体 トーレペフ®

  • Empty
  • Empty
  • Empty

トーレペフ®は電子線架橋による半硬質・独立気泡の長尺シート状発泡体です。

軽量、断熱性、緩衝性、成形性、非吸水性等の特長を生かして、自動車成形内装部品、建築用断熱材、目地材、パイプカバー、その他産業資材、生活用品、健康・スポーツ用品などの分野で幅広く使用されています。

概要と特長

トーレペフ®とは

トーレペフ®は、東レ株式会社が独自の製造技術によって開発した電子線架橋ポリオレフィンフォームの登録商標です。昭和43年に上市し、以来様々な用途にご利用頂いております。当初はポリエチレンフォームが主体でしたが、その後、柔軟グレード(EVA)や難燃グレード、耐熱性のあるポリプロピレンフォーム等高機能グレードを開発、上市しております。
トーレペフ®は100%独立気泡構造を有する発泡倍率5~50倍の長尺シート状の発泡体であり、クッション性、緩衝性、断熱性、耐水性、化学的性質に優れており、用途も多岐にわたっています。

ポリオレフィン発泡体トーレペフ®の特徴

優れた緩衝性

柔軟性と復元性に富み、衝撃エネルギーの吸収性に優れています。また、独立気泡のため快適なクッション性と硬さを兼ね備えています。

優れた断熱性

熱伝導率、吸水率、透湿率が極めて小さく、断熱材、保温・保冷材として優れています。

優れた防水性、浮揚力

独立気泡構造のため吸水せず、防水性・防湿性に優れており、かつ大きな浮揚力を有します。

優れた美観性

電子線による架橋処理をしており、気泡のキメが細かく表面がなめらかです。

優れた加工性

カット、スライス、成形、接着などの加工が容易です。

優れた耐薬品性

他のプラスチック発泡体に比べ化学品、薬品の影響をほとんど受けません。

トーレペフ®の加工

カット、打ち抜き

カットはバーチカルカッターの使用が一般的ですが、もちろんハサミ、カミソリでも簡単にカットできます。
また打ち抜き、穴空けなどの加工はトムソン打ち抜き機などが利用できます。

スライス

回転ナイフを利用したスライスマシーンで容易にスライスできます。

熱融着

ペフ同士は熱による融着が可能です。積層することで厚みを増すことが可能です。

成形

真空成形、加圧成形が可能です。
成形性はグレードによって異なりますが、PEのストレート法による絞り比は0.5程度、PPでは0.6~1.0程度となります。

表面加工

エンボス、植毛、各種印刷等の表面加工をすることも出来ます。
※詳しくは加工メーカー等にご相談ください。

製品取扱い上の注意

取扱い上の注意

  1. 資料の数値は定められた試験法に基づいて得られた自然色の代表値であり、保証値ではございません。
  2. 着色品については使用する顔料・染料・添加剤の種類、量等によって数値が変動致します。
  3. 資料の記載情報は、新しい知見等に伴い、予告無く改訂する場合がございます。
  4. 資料に記載された情報、用途例は、お客様製品の品質や安全性を保証するものではありません。各製品への適用に際しては、法規制、工業所有権、各種製品規格、自主規制基準等に配慮の上、お客様ご自身で製品試験等による妥当性の確認をお願い致します。
  5. ここに記載された燃焼性を示す資料は、各規格に準拠した手順で作成した試験片での評価結果です。実際の火災での危険性の評価にそのまま適用することはできません。
    【注】UL認定値については、UL発行のイエローカード(File No.E86841)をご参照ください。
  6. 医療製品、食品容器包装、安全器具、小児用玩具等の特殊な用途へのご使用の際は、別途事前に必ずご相談下さい。
  7. 当社製品の輸出、及び当社製品を組み込んだ製品の輸出につきましては、外国為替及び外国貿易法等の関係法令の遵守をお願い致します。
  8. 各国の化学物質管理制度により、当社製品に使用している化学物質が規制を受け、別途申請が必要な場合や輸出入ができない場合がございます。お客様が当社製品の輸出者又は輸入者となる場合は、該当国での規制適合状況を当社にお問い合わせください。
  9. 当社の製品の安全な取り扱いのために、安全データシート(SDS)を必ず事前にお読み下さい。
  10. 当社製品ついて、明示黙示にかかわらず、お客様製品での適合性及び安全性について、当社での保証は致しかねます。
  11. 乾燥および成形に際して、揮発成分が放出され、目、鼻、喉が刺激されることがあります。これらの熱処理中は、適切な局所排気を行って下さい。
  12. 荷くずれが起る恐れがありますので製品の積み上げ方に御留意下さい。
  13. 直射日光は避けて保管下さい。