TORAY ALL AROUND こんなところにも東レこんなところにも東レ

  • 素材を創り出す
  • 暮らしを支える

01取り出す

油田から汲み上げた原油に熱を加え、
蒸発する温度の違いによって、
成分をバラバラにして取り出します。
その成分の一つ「ナフサ」が
石油化学製品の原料になります。

※この工程は東レでは行っていません。

02変化させる

東レでは、ナフサから分離された物質を、
様々な化学反応によって変化させ、
色々な製品の「もと」となる
物質をつくり出しています。

  • 触媒(ISOLENE®)
  • パラジエチルベンゼン
  • テレフタル酸
  • シクロヘキセン
  • クロロシクロヘキサン
  • 硫酸アンモニウム
  • ε-カプロラクタム
  • メタジクロロベンゼン
  • メタクロロトルエン
  • 2,6-ジクロロトルエン
触媒(ISOLENE®)

東レでは、触媒という、化学反応の手助けをする製品も作っています。 ポリエステル繊維やペットボトルなど、ポリエステルの主原料であるパラキシレン(PX)を効率よく製造するために使われます。

より詳しい情報はこちら 東レのケミカル製品
パラジエチルベンゼン

ポリエステル繊維やペットボトルなど、ポリエステルの主原料であるパラキシレン(PX)を効率良く吸着・分離させるために使用されます。

より詳しい情報はこちら 東レのケミカル製品
テレフタル酸

ポリエステル繊維やペットボトルなど、ポリエステル製品の主原料。東レでは、空気酸化により高純度のテレフタル酸を製造し、販売しています。

より詳しい情報はこちら 東レのケミカル製品
シクロヘキセン

無色透明の液体であり、農業原料や工業溶剤など、幅広く使用されています。

より詳しい情報はこちら 東レのケミカル製品
クロロシクロヘキサン

無色透明の液体であり、各種農薬原料・ゴム薬原料など、幅広く使用されています。

より詳しい情報はこちら 東レのケミカル製品
硫酸アンモニウム

通称、硫安と呼ばれ、肥料の3大要素の一つである窒素肥料として使用されています。

より詳しい情報はこちら 東レのケミカル製品
ε-カプロラクタム

ナイロン製品の素材となるナイロン6の主原料。東レでは、自社で開発した光ニトロソ化(PNC)法により、ε-カプロラクタムを製造し、販売しています。

より詳しい情報はこちら 東レのケミカル製品
メタジクロロベンゼン

吸着剤や触媒としての機能を持つゼオライトを用いた当社独自の異性化・吸着分離技術により各種芳香族化合物を効率的に製造しています。これらの製品は、国内外で、農薬、医薬等の原料として幅広く使用されています。

より詳しい情報はこちら 東レのケミカル製品
メタクロロトルエン

吸着剤や触媒としての機能を持つゼオライトを用いた当社独自の異性化・吸着分離技術により各種芳香族化合物を効率的に製造しています。これらの製品は、国内外で、農薬、医薬等の原料として幅広く使用されています。

より詳しい情報はこちら 東レのケミカル製品
2,6-ジクロロトルエン

吸着剤や触媒としての機能を持つゼオライトを用いた当社独自の異性化・吸着分離技術により各種芳香族化合物を効率的に製造しています。これらの製品は、国内外で、農薬、医薬等の原料として幅広く使用されています。

より詳しい情報はこちら 東レのケミカル製品

03暮らしへ

こうして作られた東レの素材は、色々な製品に使われ、
みなさんの暮らしを支えています。

東レの素材は暮らしの基板をしっかりと支えています。 みなさんの生活の中にある東レの素材をご紹介します。

  • 素材を創り出す
  • 暮らしを支える