環境・エンジニアリング | 建材

  • Empty
  • Empty
  • Empty
  • Empty

ループボンド タフバインダー工法®外壁タイルの剥落防止工法

ループボンド タフバインダー工法®とは、建築物のタイル張り壁面において、コンクリート躯体表面とタイル張りモルタル層との界面(接着面)で発生する剥落を防止するための技術です。多数のループ状突起物を有するナイロン樹脂製の壁係止部材 ループボンド®と高機能ナイロン短繊維 タフバインダー®を混入した繊維補強モルタル層とで構成されます。

製品詳細サイトへ
東レ・アムテックス株式会社