PBT樹脂 トレコン®

テクニカル情報 | 電気的性質

電気的性質

表8に東レPBT樹脂トレコン®の代表的グレードの一般的な電気的性質を、表9に各種樹脂との比較を示します。
東レPBT樹脂トレコン®は良好な電気的性質を有し、低吸水性、耐熱性、耐薬品性などのすぐれた特長をもちあわせているので、電気機器部品、自動車部品などに適した樹脂です。

表8 東レPBT樹脂トレコン®の電気的牲質
性 質 単 位 ASTM 1401×06 1101G-30
体積固有抵抗   Ω・m D257 4×1014 2.5×1014
絶縁破壊強さ   MV/m D149    
  短時間、1mm厚     27 37
  短時間、3mm厚     17 23
比誘電率 50Hz   D150 3.3 3.7
  1kHz     3.3 3.7
  1MHz     3.3 3.6
誘電正接 50Hz   D150 0.002 0.002
  1kHz     0.002 0.002
  1MHz     0.02 0.02
耐アーク性   sec D495 144 120
表9 各種プラスチックの電気的牲質
  体積固有抵抗
Ω・m
誘電率
50Hz~1MHz
誘電正接
50Hz~1MHz
耐電圧
MV/m 1/8"厚
耐アーク性
s
"トレコン"1401×06 4×1014 3.3 0.002~0.02 17 144
ポリアセタール(共重合) 1012 3.7 0.001~0.0015 20~23(1/16") 溶融
ナイロン6 7x1012 3.4~4.0 0.01~0.03 23 140
ポリカーボネート 2×1014 2.96~3.17 0.001~0.01 16 125
変性PPO 1015 2.64~2.68 0.0007~0.0014 20~22 -
ジアリルフタレート 2×1014 3.4~3.6 0.009~0.011 18 118
フェノール樹耀 109~1010 5~15 0.08~0.50 12~13 20
不飽和ポリエステル 1010~1012 3.2~4.3 0.006~0.05 20 125

Ⅰ. 体積固有抵抗

図19 体積固有抵抗の湿度依存性

図19 体積固有抵抗の湿度依存性

図19に非強化グレード1401×06の体積固有抵抗の温度依存性を示します。東レPBT樹脂トレコン®は広い温度範囲にわたって良好な電気絶縁性を維持します。
表10にガラス繊維強化グレード1011G-30を熱劣化させた後の絶縁抵抗を示しますが.150°C×1,000時間ではほとんど変化がありません。

表10 東レPBT懺脂トレコン®1101G-30の長時間高温処理後の絶縁抵抗
  表面固有抵抗
(Ω)
体積固有抵抗
(Ω ・m)
未処理 7 x1013 2 x1014
150°C、1000hr 9 x1013 4 x1014

測定条件:電圧100V、温度23°C、50%RH

Ⅱ. 誘電特性

図20、21に東レPBT樹脂トレコン®の非強化グレード1401×06の誘電特性の温度依存性を示します。東レPBT樹脂トレコン®は広い温度範囲にわたって誘電特性の変化が少なく、また表8に示す通り、周波数による影響もほとん どありません。

  • 図20 誘電率の温度依存性 図20 誘電率の温度依存性
  • 図21 誘電正接の温度依存性 図21 誘電正接の温度依存性

Ⅲ. 絶縁破壊強さ

東レPBT樹脂トレコン®の非強化グレード1401×06の絶縁破壊強さは3mm厚で17MV/m、 1mm厚で27MV/mと良好です。
ガラス繊維強化グレード1101G-30では3mm厚で23MV/mとさらに向上しています。
また1401×06、1101G-30とも150°Cで2ヶ月熱劣牝させてもその絶縁破壊強さはほとんど低下しません。
東レPBT樹脂トレコン®1401×06、1101G-30の絶縁耐力の耐熱温度のUL登録は1/8~1/32インチ厚で140°Cとなっています。

Ⅳ. 耐アーク性

高電圧アーク放電による樹脂表面上の炭化導電路生成にもとずく、アーク絶縁劣化は重要な性質です。表8に示し たように1401×06、1101G-30の耐アーク性は各々144s、120sと熱可塑性樹脂の中ではもっともすぐれています。