グリーンイノベーション製品

地球環境問題や資源・エネルギー問題の解決に貢献する分野で重要な役割を果たす製品です。

東レグループは、中期経営課題“プロジェクト AP-G 2016”において、成長分野における事業拡大として「グリーンイノベーション事業拡大(GR)プロジェクト」を設置し、社長をリーダーとしてグループ横断的に、強力にプロジェクトを推進しています。

「グリーンイノベーション製品」とは、地球環境問題や資源・エネルギー問題の解決に貢献する分野で重要な役割を果たす製品です。具体的には、①省エネルギー、②新エネルギー、③バイオマス由来、④水処理、⑤空気浄化、⑥環境低負荷、⑦リサイクル、⑧プロセス革新といった分野毎に東レグループ独自に基準を定め、下記のように区分したものです。 製品製造時のGHG削減だけでなく、原料・製造・使用・廃棄などライフサイクル全体でのGHG削減効果を考慮し設定しています。

地球環境問題や資源・エネルギー問題を解決し、脱石油資源の潮流を捉え、持続可能な低炭素社会の実現に貢献するため、「ケミストリーの力」を駆使してグリーンイノベーション事業のグローバルな展開を進めていきます。

GR製品の環境貢献項目区分と基本概念

貢献項目区分 基本概念
1.省エネルギー 製品のライフサイクルを通してエネルギー消費を削減できるもの
2.新エネルギー 新エネルギー関連産業で使用される部材・材料・技術全般
3.バイオマス由来 非化石原料由来製品
4.水処理 水の浄化に関連する部材、装置、システムなど
5.空気浄化 空気の浄化に関連する部材、装置、システムなど
6.環境低負荷 有害物質の排出・使用を抑制するもの
7.リサイクル リサイクル材を利用するもの、リサイクルを前提とした製品設計
8.プロセス革新 現状プロセスの環境負荷を大幅に低減できる革新的製造技術

樹脂事業部門では、上記のうち、①、②、③、⑥、⑦の区分に該当する製品を取り扱っております。