加飾成型 製品紹介

PICASUS®

PICASUS®

金属光沢調・易成型フィルム

PICASUS®は当社独自のナノ積層技術を駆使し、金属を用いずに金属調の光沢を発現させたフィルムです。極めて優れた成型性を有し、樹脂との一体成型も可能です。

特長

成型性

1.金属フリー

  • ・高い電波透過性により電子機器のデザイン自由度を高めます。
  • ・重金属を含まず、環境にもやさしい製品です。

2.すぐれた成型性

  • ・インサート成形など樹脂との一体成型が可能であり、加飾工程の簡略化に貢献します。

3.表面機能・加飾性

  • ・ハードコート、染色、ヘアラインなど、デザインに応じて様々な表面加工が可能です。
  • ・通常のルミラー®同等の耐熱・耐薬品性を保持しています。

フィルム設計

フィルム設計

1.高精度ナノ傾斜積層構造の実現

  • ・数百〜数千の層数で高精度にナノ傾斜積層構造を形成。さらに独自の光学設計技術によって最適な層厚みパターンを高精度に形成させ、自然な金属光沢調を発現しています。

2.ポリマー設計技術による層間接着性と成型性の飛躍的向上

  • ・弊社独自のポリマー設計技術および重合プロセス技術により、
    金属光沢調の実現に加えて層間接着性、成型性を飛躍的に向上させる新規ポリマーを創出しました。これによりインサート成形、熱プレス成型、真空成型など各種成型技術が適用可能となりました。

加工方法

・インサート成形 加工方法 推奨加工条件
・ハーフミラー 加工方法  
・ヘアライン 加工方法  
・マット 加工方法  

加工例

  • ・薄型テレビ
  • ・携帯電話
  • ・家電
  • ・ノートPC
  • ・雑貨
  • ・玩具
  • ・自動車

物性表

  100GH30 100GM30 100GL30 100GT30 145GB30S
厚み(*1) μm 100 100 100 100 145
明度 L* 87 75 64 42 55
色調(*2) a*,b* -1.0,0.0 -4.0,5.0 -4.0,6.0 -2.0,4.0 -26,-28
全光線透過率 (*3) % 30 50 65 85 75
破断強度(MD/TD) (*4) MPa 140/150 130/150 140/160 160/190 160/200
破断伸度(MD/TD) (*4) % 190/140 200/150 190/150 180/140 200/120
熱収縮率(MD/TD) (*5) % 1.0/0.6 1.0/0.4 1.0/0.5 1.1/0.7 1.0/0.6
損失 @ 2.4GHz(*6) dB <1 <1 <1 <1 <1
易接着層 (for ink, HC) - 両面 両面 両面 両面 両面
印刷用ページを表示

〜易接着層が異なるタイプも、ご用意しております〜

測定法: *1)マイクロメーター(JIS C2151), *2)CIE L*a*b*(JIS Z8722, 反射), *3)ヘイズメーター(JIS K7105) , *4)テンシロン(JIS C2151),*5)150℃、30min.(東レ法),*6) 同軸管法 (ASTM D4935)

※本カタログに記載のデータは代表値であり、規格値ではありません。

このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
PICASUS®
  100GH30 100GM30 100GL30 100GT30 145GB30S
厚み(*1) μm 100 100 100 100 145
明度 L* 87 75 64 42 55
色調(*2) a*,b* -1.0,0.0 -4.0,5.0 -4.0,6.0 -2.0,4.0 -26,-28
全光線透過率 (*3) % 30 50 65 85 75
破断強度(MD/TD) (*4) MPa 140/150 130/150 140/160 160/190 160/200
破断伸度(MD/TD) (*4) % 190/140 200/150 190/150 180/140 200/120
熱収縮率(MD/TD) (*5) % 1.0/0.6 1.0/0.4 1.0/0.5 1.1/0.7 1.0/0.6
損失 @ 2.4GHz(*6) dB <1 <1 <1 <1 <1
易接着層 (for ink, HC) - 両面 両面 両面 両面 両面

〜易接着層が異なるタイプも、ご用意しております〜

測定法: *1)マイクロメーター(JIS C2151), *2)CIE L*a*b*(JIS Z8722, 反射), *3)ヘイズメーター(JIS K7105) , *4)テンシロン(JIS C2151),*5)150℃、30min.(東レ法),*6) 同軸管法 (ASTM D4935)

※本カタログに記載のデータは代表値であり、規格値ではありません。

推奨加工条件

印刷

従来のルミラー®(二軸延伸PETフィルム)とほぼ同様に印刷可能です。インサート成形用印刷の代表的な推奨条件としては、以下の通りです。

インキ 帝国インキ製 IPXまたはINQ
バインダー 帝国インキ製 IMB-003
刷版 T-200〜230メッシュ
希釈 帝国インキ製 F-003溶剤 10〜15%
硬化剤 帝国インキ製 200硬化剤 16%(IPX)、帝国インキ製 200硬化剤 6%(INQ)
乾燥条件 [中間乾燥] 80℃ 10分   [最終乾燥] 90℃ 60分 

プレフォーミング

各プレフォーミングの代表的な推奨条件としては以下の通りです。

1)真空圧空成型

成型温度 200〜230℃(フィルム温度)
成型圧力 真空/加圧0.5MPa以上
金型温度 80〜100℃

2)プレス成型

成型圧力 2.0Mpa
金型温度 60〜100℃
加圧時間 10秒〜15秒

インサート成形

インサート成形における代表的な推奨樹脂は以下の通りです。

樹脂 PC、ABS、PMMA