フィルムの基礎知識 フィルム物性項目

表面特性

主な物性測定項目について、意味と測定方法をご説明します。

項目
摩擦係数(すべり係数)
単位 目的・内容
μs・μd フィルム同士のすべり、摩擦を測定する項目です。滑り出し直後の抵抗(μs:静摩擦係数)と、滑り出した後の安定領域での抵抗(μd:動摩擦係数)があります。
測定法・規格
ASTM-D-1894に準じる。
具体的測定方法
装置はスリップテスターを用い、フィルム-フィルム間の摩擦係数を測定する。値は次の式より求める。
摩擦係数=抵抗値/荷重
項目
ぬれ張力
単位 目的・内容
mN/m フィルムの表面張力を表し、数値が高いほど親水性、低いほど疎水性であることを示します。
測定法・規格
JIS-K-6768に準じる。
具体的測定方法
JIS規定液を綿棒に浸し、試料に塗布する。塗布した液膜の2秒経過後の形状から、その液の表面張力で表す。
項目
光沢度
単位 目的・内容
% マット感(艶消し程度)の目安となる数値です。光沢度が低いほど、面の粗さが大きく、マットになります。
測定法・規格
JIS-Z-8741、ASTM-D-2457に準じる。
具体的測定方法
光沢度計を用い、入射角度60度でフィルム表面に光を投射したときの反射率を、受光角度60度で測定。
項目
表面粗さ(Ra)
単位 目的・内容
nm 算術平均粗さ。粗さ曲線からその平均線の方向に基準長さ抜き取り、抜き取り部分の平均線から粗さ曲線までの偏差の絶対値を合計し、平均した値。
測定法・規格
JIS-B-0601に準じる。
具体的測定方法
表面粗さ計を用い、フィルム表面を直径
2または5μmの触針でトレースして凹凸を測定する。

このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ