フィルムの基礎知識 フィルム物性項目

熱特性

主な物性測定項目について、意味と測定方法をご説明します。

項目
寸法変化率
単位 目的・内容
% フィルムに熱をかけたときにどれだけ寸法変化するかを表す数値です。寸法変化はお客様で加工するときの条件に大きく影響するため、この特性が安定することが求められます。
測定法・規格
JIS-C-2151、ASTMDD-1204に準ずる。工業材料用のPETフィルムでは150℃30分や190℃30分の加熱で測定することが多い。
具体的測定方法
(1)加熱する前に試験片の長さを測定する。(2)試験片を熱風循環式恒温槽に、規定する時間及び温度で荷重有りの状態で懸垂する。(3)室温まで冷却した後、先に測定したのと同じ部分について試験片の長さを測定する。(4)加熱収縮率は次の式で求める。
寸法変化率(%)=100×(Lo−L)/Lo
Lo:試験前の試料長さ L:試験後の試料長さ

このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ