レンズの種類と特徴

ハードコンタクトレンズ

分 類 特 徴
非酸素透過性
ハードコンタクトレンズ
酸素を通さない素材で作られています。
酸素透過性
ハードコンタクトレンズ
酸素を透過する素材で作られています。酸素をどの位通すかを示す数値として酸素透過係数(Dk)を用います。(Dk値が高いほど酸素をよく通します)
非酸素透過性ハードコンタクトレンズと比較すると耐久性がやや落ちるので破損・汚れには注意が必要です。

ソフトコンタクトレンズ

分 類 特 徴
非含水性
ソフトコンタクトレンズ
水を含まない素材で作られています。
含水性
ソフトコンタクトレンズ
レンズ素材中に水を含んでいます。素材中に含まれる水の割合により、低含水率(40%以下)、中含水率(40〜60%)、高含水率(60%以上)に分類されます。素材中に水を含んでいるため細菌やカビが発生することがあり、毎日、煮沸消毒または化学消毒剤による消毒が必要です。

装用期間による分類

分 類 特 徴
一日使い捨て 一日使用したら捨てるタイプ。
一週間使い捨て 最長1週間の連続装用後、捨てるタイプ。
定期交換 洗浄・消毒など、ケアをしながら一定期間(2週間、1ヶ月など)で捨てるタイプ。
従来型 洗浄・消毒など、ケアをしながらレンズの寿命がくるまで使い続けるタイプ。

その他用途による分類

分 類 特 徴
トーリック
コンタクトレンズ
乱視矯正用のレンズ。(乱視は角膜などの歪みが原因で眼に入ってきた縦・横方向の光の焦点がズレている状態)ハードとソフトの両タイプがあります。
カラー
コンタクトレンズ
眼の色を様々に変えるおしゃれ用のコンタクトレンズ。
マルチ(バイ)フォーカル
コンタクトレンズ
老視が出始めた年代の方の遠近両用コンタクトレンズ。
ハードとソフトの両タイプがあります。