眼が悪いとは?

眼に入ってくる光は、角膜(眼の表面;黒眼の部分)と水晶体(いわゆるレンズ)を通るときに屈折して眼の奥内側の網膜と呼ばれるところに像を結ぶのですが、
一言でいえば、

1. 正視とは遠くのものがちょうど網膜上にうまくピントを結ぶ眼

乱視
正視

2. 近視とは網膜より前でピントを結ぶ眼

屈折性近視
屈折性近視
軸性近視
軸性近視

3. 遠視とは網膜より後ろでピントを結ぶ眼

屈折性遠視
屈折性遠視
軸性遠視
軸性遠視

ということです。

これは、1.角膜や水晶体での光の屈折の強さと、2.眼軸(眼球の奥行き)が深く関係しており、近視では、光の屈折が強すぎるか眼軸が長すぎるため、遠くのものが網膜の前で像を結んでしまい、はっきり見ることができない状態、逆に遠視は光の屈折が弱いか眼軸が短すぎるため、網膜の後ろで像を結び、よく見えない状態になるというわけです。

また、一般に乱視とは、角膜がゆがんでいるために像を結ぶポイントが方向によって異なるために像にボケを生ずる眼のことで、近視性のもの、遠視性のもの、また方向によって近視と遠視の混在するものなどいろいろあります。

乱視
乱視

これらの現象は、先天性のもの(遺伝)もありますが、生活様式・環境など後天的な要因で起こったり助長されることもあります。
そしてこれらの近視・遠視・乱視を矯正するために、メガネやコンタクトレンズが用いられるというわけです。