レンズ製品

あらゆる方面から快適さを追求した東レのコンタクトレンズ。豊富なラインアップで様々な視力のニーズにお応えします。

やわらかハードシリーズ

遠近両用ハードコンタクトレンズ

ソフトコンタクトレンズ

瞳のエイジング

東レのコンタクトレンズ

東レはメディカル分野でも先端技術を発揮。瞳にやさしいコンタクトレンズを開発しています。

東レはメディカル分野でも先端技術を発揮。瞳にやさしいコンタクトレンズを開発しています。 1926年、レーヨン糸のメーカーとして出発した東レ。その後、プラスチック事業にもいち早く進出し、高分子化学分野の先端技術を駆使したメディカル関連事業で大きく飛躍。繊維とは別の、もう一つの東レの顔ももっています。
今では、人工腎臓などの医療機器や、インターフェロンなどの医薬品を開発し、医学界にも貢献しています。東レのコンタクトレンズは、こうした“明日の医学界を見つめる”東レの企業姿勢から生まれました。

基本コンセプト

1.眼の安全を第一に考えています。

コンタクトレンズは眼というとてもデリケートな部分に直接のせて使用する高度管理医療機器です。何よりも安全にお使いいただけるよう、角膜生理をきちんと考えた製品開発に取り組んでいます。

2.「使う人の快適さ」も大切にしています。

安定した視力・装用感の良さ・ケアのしやすさも、すぐれたコンタクトレンズには欠かせないポイントです。使う人の視点に立ち、あらゆる方面から快適性を追求しています。

コンタクトレンズのご使用にあたってご注意いただきたいこと

コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず眼科医の検査・処方を受けてお求めください。
また、コンタクトレンズと同時に添付文書をお受け取りください。ご使用になる前に必ずよく読み、正しくご使用ください。

  • 連続装用の承諾書と管理手帳の内容をお守りください。
  • 装用時間(連続装用期間)を正しくお守りください。
  • 取扱い方法を守り正しくご使用ください。
  • 定期検査は必ずお受けください。
  • 少しでも異常を感じたら直ちに眼科医の検査をお受けください。

注)涙の量、アレルギー体質などが原因で連続装用できない場合もありますので、連続装用は必ず眼科医の指示でお始めください。