瞳のエイジング

「手元の小さな文字が見づらい」それは年齢を重ねることによってすべてのひとに起こる現象です。原因はピント調整機能の低下。瞳のエイジングについて知るとフシギと不安も解消するものです。
プレリーナ®Ⅱシリーズは、あなたのエイジングケアをお手伝いします。

エイジングケアのために知っておきたい老視のしくみ

若い頃は十分に弾力性のあった水晶体も、加齢とともに硬くなります。すると、近くにピントを合わせるために水晶体を厚くしようとしても一定以上厚くならない、つまり「近くを見るときにピントが合わない状態」になります。それが「老視」のメカニズムです。
この現象は、近視の人にも、遠視の人にも、すべての人におこります。

20代

水晶体の弾力性があり、ピント合わせの働きをする。
焦点が網膜に合いクリアに見える。

40代

水晶体が硬化し、ピント調整機能が低下するので、
焦点が網膜に合わずぼやけてしまいます。

あなたの目はエイジングサインを出しています

エイジングサインシュミレーション

例えば、こんな見え方してませんか?
ピントが合うまでにタイムラグはありませんか?
疲れたつもりがなくても、あなたの目はエイジングサインを出しています。

1. スマートフォンの文字が見づらい

2. レストランのメニューの文字が見づらい

3. 急に目の前に出された文字が見づらい

東レの遠近両用ハードコンタクトレンズ「プレリーナ®Ⅱ シリーズ」は
日本人の目に合わせて開発されたレンズです。
あなたの目の状態に合わせて、2種類のレンズをご用意しております。