煮沸消毒&保管

印刷用PDF

  • ステップ1.レンズをケースに入れる
  • ステップ2.タンパク除去剤を混ぜる
  • ステップ3.加熱する
  • ステップ4.すすぐ
  • ステップ5.煮沸消毒&保管

ステップ5. 煮沸消毒&保管

1

中ブタの網の上から、保存液をレンズケースいっぱいに注ぐ。

2

上ブタを閉めて、煮沸消毒器にレンズケースをセットし、スイッチを入れます。約70分間で消毒確認ランプが消え、煮沸が終わります。 煮沸後、冷暗所に保管します。

すぐに装用する場合

中ブタを開けレンズを取り出し、表裏をよく確認して、最後に保存液で軽くすすいで装用します。

万が一しみる場合は

レンズの汚れ状態、又は個人差などにより、すすぎ洗い後、再装用したときに眼にしみる場合があります。このような場合にはレンズをはずし、ステップ4「すすぐ」の2~3の手順をもう一度繰り返してください。

ステップ4. すすぐへ

レンズを長期保存(1週間以上)する場合

1ヶ月に一度、保存液を入れ替え、煮沸消毒し冷暗所に保管してください。

  • 保存液を交換する際は、レンズケースを水道水で洗浄し、必ず乾燥させてから新しい保存液を入れてください。
  • 煮沸消毒後の保管中は、絶対にレンズケースのフタは開けないでください。開けると空気中の菌により汚染します。

ご注意

マンスリークリーナーは顆粒1包に対し、液4mL(レンズケースいっぱいに入れて4mL)の比率になっています。顆粒が無くなり、液だけが余る場合は、正しく混合されていません。

マンスリークリーナーは刺激性・漂白性がありますので取扱いには注意してください。衣服や肌に液がついた場合は、すぐに水道水でよく洗い流してください。

片眼のみのご使用ではマンスリークリーナーに付属のリンス液が不足します。その際は「リンス液」(別売)をご購入ください。

マンスリークリーナーによる洗浄は、原則として月1回までとしてください。過度にご使用になりますと、レンズ寿命に影響(レンズの直径の変化)を及ぼすことがあります。