レンズのつけ方

印刷用PDF

レンズの取り出し方

製品の入ったバイアルビンごとレンズを受け取った場合

レンズは生理食塩水の中に保存されています。バイアルびんのキャップをはずす前に、レンズがくっついたりキズがついたりしていないかをチェックしてください。なお、バイアルびんのキャップをはずすときに指を切らないよう注意してください。

レンズを取り出すときは、手のひらに直接、保存液ごとあけるようにしてください。出しにくい時は保存液を入れて、軽く振ってから手のひらに受けてください。

1

利き手の人差指の先にレンズをのせて、表裏をよく確認してください。

【ご注意】
装用前に、レンズに破損、変形、キズ、異物や汚れの付着等の不具合がないことを確認してください。

2

同じ手の中指で下まぶたのまつ毛の生え際を下げ、もう一方の手の人差し指で上まぶたのまつ毛の生え際を上げます。

【ご注意】
眼を細めたり、まばたきしたり、視線を動かしたりすると、うまく黒眼にのりません。一点を見つめるようにすると、簡単につけることができます。もう一方の眼も開いたままの方がつけやすい場合があります。

3

鏡を見ながら大きく眼を開け、黒眼にレンズをのせます。

【ご注意】
眼を細めたり、まばたきしたり、視線を動かしたりすると、うまく黒眼にのりません。一点を見つめるようにすると、簡単につけることができます。もう一方の眼も開いたままの方がつけやすい場合があります。

レンズが黒眼にのったら、押さえている指をゆっくり離し、軽く眼を閉じてレンズを安定させます。

【ご注意】
急に指を離したり、強く眼を閉じたりすると、レンズがズレたり、はずれて落ちてしまうことがありますのでご注意ください。

レンズをつけた眼と反対の眼を手で隠し、見え方を確認します。
もう一方の眼にも同じ方法でレンズをつけます。

【ご注意】
装用直後にレンズと眼の間に気泡が入っている場合は、まぶたを閉じ、指で軽くなでたり、ゆっくりとまばたきすれば気泡は抜けます。
装用後、異物感を感じた場合は、レンズの表裏を間違えたり、ゴミやまつ毛などが入っていることがあります。すぐにレンズをはずし、レンズの表裏を確認し、保存液ですすいだ後、改めてつけなおしてください。

ご注意

爪や指先が直接眼に触れないようにしてください。眼に直接触れると眼にキズがつくことがあります。