レンズのつけ方

印刷用PDF

レンズのつけ方には2つの方法があります。つけやすい方法でレンズをつけてください。

レンズを取り扱う前に

  • レンズを傷つけないように爪を短く切り、先を丸くなめらかにしてください。
  • レンズに触れる前に手指を石けんできれいに洗い、石けん分が残らないように十分すすいでください。

レンズの取り出し方

製品の入ったボトルごとレンズを受け取った場合

ボトルの中の保存液が他のケア用品と混合しないよう、保存液を完全に捨て、ボトル・レンズともに水道水で十分に洗浄してから使用を開始してください。
(保存液と他のケア用品の混合により、液の粘性が高くなったり、沈殿物が発生する場合があります)

レンズのつけ方1 両手で目を開けてつける方法

1

利き手の人差指の先にレンズをのせます。

2

同じ手の中指で下まぶたのまつ毛の生え際を下げ、もう一方の手の人差指で上まぶたのまつ毛の生え際を上げます。
鏡を見ながら大きく眼を開け、黒眼にレンズをのせます。

【ご注意】
眼を細めたり、まばたきしたり、視線を動かしたりすると、うまく黒眼にのりません。一点を見つめるようにすると、簡単につけることができます。もう一方の眼も開いたままの方がつけやすい場合があります。

3

レンズが黒眼にのったら、押さえている指をゆっくり離し、軽く眼を閉じてレンズを安定させます。

【ご注意】
急に指を離したり、強く眼を閉じたりすると、レンズがズレたり、はずれて落ちてしまうことがありますのでご注意ください。

4

レンズをつけた眼と反対の眼を手で隠し、見え方を確認します(レンズがズレたりはずれたりしていると正しく見えません)。
もう一方の眼にも同じ方法でレンズをつけます。

レンズのつけ方2 片手で目を開けてつける方法

1

右のレンズをつけるときは左手、左のレンズをつけるときは右手の人差指の先にレンズをのせます。

2

レンズをのせている手と反対の親指と人差指を、上下のまつ毛の生え際にあて、眼を大きく開けます。
鏡を見ながら大きく眼を開け、黒眼にレンズをのせます。

【ご注意】
眼を細めたり、まばたきしたり、視線を動かしたりすると、うまく黒眼にのりません。一点を見つめるようにすると、簡単につけることができます。もう一方の眼も開いたままの方がつけやすい場合があります。

3

レンズが黒眼にのったら、押さえている指をゆっくり離し、軽く眼を閉じてレンズを安定させます。

【ご注意】
急に指を離したり、強く眼を閉じたりすると、レンズがズレたり、はずれて落ちてしまうことがありますのでご注意ください。

4

レンズをつけた眼と反対の眼を手で隠し、見え方を確認します(レンズがズレたりはずれたりしていると正しく見えません)。
もう一方の眼にも同じ方法でレンズをつけます。

ご注意

爪や指先が直接眼に触れないようにしてください。眼に直接触れると眼にキズがつくことがあります。